適度が大事

健康な生活を送る上で気をつけたいこと、それは食生活などで「適度」という意識を持つことです。日本にはちょうどよい、という言葉がありますが、まさに適度であることが健康につながります。 例えば、一つのものだけを食べてダイエットする、という方法があります。一見効率的ですが、一つのものだけしか食べないと栄養が偏ってしまい、痩せることには成功しても健康を損ねてしまうおそれがあります。 これはダイエット以外にも言えることです。いくら体に良い食べ物であっても、そればかり食べるというのはよくありません。 それよりも、いろいろな食物をまんべんなく食べることが大切です。食事の量も食べ過ぎず、少なすぎないという適度な量を取ることが大事です。 具体的には古くから言われてきた、腹八分目を心がけるのがよいでしょう。もう少し食べたいというところで食べるのをやめれば、胃腸にも負担を掛けず、栄養も取ることができます。バランスというものが大切なのですね。

Copyright(c) 2015 食生活と健康はバランスが大事 All Rights Reserved.